パパ活

【パパ活体験談】パパに喜んでもらえて成功。そうやってお小遣いも増えていく

パパ活歴2年の27歳、ミカといいます。

正社員の事務職として働いているのですが、お給料が少なくて自由に使えるお金がなかったのでパパ活を始めてみました。

勤め先は全然残業をさせてくれない会社で、基本の給料だけでは生活はできても旅行はおろか、好きな服を買うのも躊躇してしまいます。

少しお小遣い稼ぎをしたいと思っても、風俗やキャバクラで働くのも大変ですし、何か良い方法がないかと考えていた時に、ネットでパパ活のことを知りました。

最初は身体を売ってお金を稼ぐのは嫌だなと思ったのですが、よく調べてみると身体の関係がなくてもお小遣いをもらえるケースもあるようですし、結構おいしい体験もできるようなので興味が湧いてきました。

玉野興美
玉野興美
基本的にパパ活は体の関係はありません。また、体の関係を持ちたくなければ最初からそれをはっきりさせておくことで、後でややこしくなったり嫌な思いをしなくて済みますよ

まずは試してみようと思い、調べた中で会えるサイトとして紹介させていたところに登録してパパ活が始まりました。

パパの見つけ方は、パパ活ができる出会い系サイトに登録すること

パパ活をするのであれば出会い系サイトで募集をかけるのが一番ですが、使うサイトは選ばなければなりません。

利用者数が多いサイトならパパ活もしやすいと思いがちですが、サイトによってはパパ活を禁止しているところもあるので注意が必要です。

だからと言って、少し濁して「援助希望」のような内容にすると、お金も対してもっていないけど単発で遊ぼうとしている男性ばかりが引っ掛かります。

本気でパパ活をするのであればパパ活の専門サイトに登録しなければいけません。専門サイトであれば、「パパ」にも審査が必要であったり会費が発生したりしますので、しっかりとしたパパ活ができる男性だけが集まります。

良いパパを見つけるのであれば、積極的にアプローチをかけていくことも大事です。収入が良いパパでも「見た目がイマイチ」という人もいますし、使えるお金も人それぞれです。
気なった人には自分から声をかけてみましょう。

しかしそこでガツガツすることはなく、本人に興味があるようにふるまうのがコツです。

パパ活サイトに登録している時点でパパにも女性の本当の目的はわかっていますが、だからといて露骨に収入源として見てしまっては拒否されてしまいます。

パパのプロフィールの内容や趣味などに触れつつ、「遊んでもらえますか」と下から行くのがコツです。

デートでは、とにかくパパを喜ばせることに集中する。パパが気持ちよくなることでお小遣いも増えていく

私が初めて会ったパパはデートをするだけという約束でした。

半年くらい遊んでもらいましたが、月に2回ほどデートをしてその度に1万円を貰っていました。

会うのは必ず平日の夜で、パパがお薦めするお店で食事をして、その後はバーに行くというパターンがお決まりとなっていました。

終電前には帰れるので長くても4時間程度の拘束で、おいしいものも食べさせてもらえるので割は悪くなかったと思っています。

私の最初のパパは50代のお話好きな人でしたので、私は聞き役に徹することを心掛けていました。

会ったばかりのころはその辺がよくわからなくて、私も自分の話をどんどんしていたら見るからにつまらなそうな顔をしていて、これはいけないと思って軌道修正しました。

私の考えではパパを喜ばしてこそがパパ活の成功なので、少し自分のキャラを変えてでもパパの好みに合わせていく必要はあります。

私はパパの話に大げさにリアクションをしたり、何度も同じ話をされても興味深々の表情で聞いていました。

パパが喜んでくれるようになるとデートのグレードも上がりますし、機嫌が良い時は2万円も貰えるようになるなど、パパ活の収入は自分の能力で変わっていくのだなとつくづく思いました。

パパ活は、お小遣い稼ぎだけではない。たくさんのことが学べて自分の世界が広がり、成長できる

パパ活を始めて単純に収入が増えたことは良かったです。

まったく無理のない範囲で仕事のお給料とは別の収入減があるので生活に自由度が増して楽しくなりました。

パパ活は収入以外にもいろいろと勉強になることが多くて、自分の成長に繋がる面も感じます。

年齢が離れているパパに喜んでもらえるにはどのように振舞えばいいかを考えることになり、ある種空気を読む力が求められます。

私はこれまでに3人のパパとお付き合いをしましたが、みなさんやはり高収入である分、頭は良いです。

なので言っていることがさっぱりわからないということも多いのですが、そこは勉強をして話についていけるようにしなければなりません。

そうしないとパパの話し相手が勤まりませんので、特に身体の関係は持たないのでパパ的にはメリットの少ない私には努力が必要でした。

本当にわからない時は知ったかぶりをしないで素直に教えてもらうようにして、一度聞いた話は次に会う時にはちゃんと覚えておくようにもしていましたそうするとパパも褒めてくれて、またいろいろとお話をしてくれるようになります。

パパ活を始める前に比べると私はかなり多くの知識をみにつけることとなったので、それは良かったと思います。

他に気を付けていたのは、自分の立場を理解することです。特にパパの女性関係に口出しをすることはご法度です。

演出として少しすねてみせるのは良いでしょうが、基本的にパパが他の女性と会っていても嫉妬してはいけません。

ある程度都合の良い相手であり続けることが、安定してパパ活を続けるコツです。

私の経験上、最も効率的かつ安全にパパ活ができるのがワクワクメールとシュガーダディ

ワクワクメールは2001年から運営している老舗の日本最大級の出会い系サイトです。

シュガーダディ(Sugar Daddy)は、2012年とワクワクメールと比較すると新しい会社ですが、名前からもわかる通り、パパ活専門のサイトとなっています。

私が実際に使ってみた多くの出会い系サイトの中で、最も効率的かつ安全に出会うことができたおススメのサイトです。

※出会い系サイトとしてはハッピーメールもお勧めなのですが、ハッピーメールではあからさまにパパ活をすることができません。

パパ活目的の女性がパパ活サイトを選ぶうえでの注意点

出会い系サイトやパパ活サイトは、それこそ無数に存在していますが、間違ったサイトを選んでしまうと、多くの時間を無駄にしてしまいます。

効率的かつ安全にパパ活を進めるためには、何といっても適切なサイトを選ぶことが一番大事なポイントとなります。そのために気を付けないといけないのは、

  • パパ活が可能なサイトであること
  • 登録男性が多いこと
  • 身分認証があり、相手の素性がシッカリしていること
  • サイトが安全に運用されていること
  • 男性の収入証明があること

これらのポイントを押さえているサイトが、パパ活をするうえでよいサイトとなります。

ワクワクメールは、男性の収入については自己申告なので証明まではありませんが、日本最大級の出会い系サイトであり、パパ活も認められていることから、何といっても、出会える確率が高くなります。

シュガーダディ―は、比較的新しいサイトですが、パパ活専門のサイトであり、セフレになることを迫られたり、お小遣いをもらうことに関しては暗黙の了解となりますので、通常の出会い系サイトと比較し、お小遣いの話をしやすい環境があります。

2つのサイトとも、登録は無料ですので、まず2つとも登録したうえでパパ活を進めることをお勧めします。

専任のスタッフが24時間体制でサポート

専任のスタッフが、24時間体制で、365日対応しているので、「〇〇の仕方がわからない」という時、いつでも問い合わせることができるのもうれしいですね。

さっそく、ワクワクメールに登録してみる(18禁)

さっそく、シュガーダディ(Sugar Daddy)に登録してみる(18禁)

 シュガーダディ