ED対策

【ED対策】徹底解説!勃起障害(ED)を防ぎ、40を過ぎても楽しいセックスライフをおくる方法4つ

ハッピーメールバナー

出会い系で知り合った女性と色々やり取りをして、連れ出せた女性とやっとのことでベッドイン。

丁寧にキスして、しっかりクンニでもイかせて、、、

女性もお返しにと得意ではないフェラをしてくれる。

それが何ともうれしい。でも、、、

ん?フェラ時の勃ち具合があまり良くない。

そして嫌な予感を感じながらも、いざ挿入!

た、勃たない(もしくは中折れ)。泣

中田師匠
中田師匠
皆さんはそんな経験はありますか?
弟子
弟子
いやぁ、僕はないですよ!いっつもギンギンです!
中田師匠
中田師匠
お前は若いからなぁ。羨ましいよ。
弟子
弟子
師匠だって、会う前からフル勃起って言ってたじゃないですか?
中田師匠
中田師匠
そうだ。でも、毎回ではないんだな、これが。

今回は、出会い系で知り合った女性を連れ出し、期待に胸とあそこを膨らませてホテルに向かう中年男性が陥りがちな、勃起障害(ED)について触れていきたいと思います。

私自身も40代を過ぎてから時折経験するのですが、初めてのベッドインで中折れしてしまうと、何とも言えない情けない気持ちになります。

そのEDの原因をしっかりと理解し、誰にでもできる適切な対策を考えてみたいと思います。

これで、皆さんもいくつになっても中折れ知らず、大人の余裕で目当ての女性をセフレにしてしまいましょう!

アラフォー男性注意!セフレとのセックスライフを妨げる勃起障害(ED)の原因5つ

アラフォーともなると、性欲は衰えてないのに、いざという時に勃たないってことが出てきます。

弟子
弟子
オナニーなら全然問題なくできるのに。無事に勃ったとしても1回こなすのがやっと。以前のように2回、3回とはできない

程度の差は個々人全く異なりますが、いずれにしても、このように年齢による体の衰えを感じざるを得ない状況が増えてくるのが40代なのです。

男性器はとてもデリケートなもので、40代でなくても、20代や30代でも勃ちが悪くなったり、中折れしがちになるケースもあります。

それはいったいなぜなのでしょうか。

このような状況を引きおこす勃起障害(ED)にはいくつかの原因があると言われています。

  1. 心理的なストレス
  2. 加齢によるもの
  3. 生活習慣病(メタボ)
  4. 服用している薬によるもの
  5. 神経系の障害や手術や外傷によるもの

④の服用する薬によるものや、⑤の手術や外相によるものはちょっと特別な状況かとも思いますが、①〜③は誰にでも起こる状況ですので、特に注意が必要です。

EDの原因①:心理的なストレス

EDになってしまう原因として、まずは心理的なストレスがあります。

しかし、心理的なストレスといっても漠然としていてよくわかりにくいかもしれません。

例を挙げて言えば、以下のような状況がありますでしょうか。

  • 以前、セックスをした時にうまくいかなかったために女性と気まずくなった。もしくは自分のセックスや外見などに対して女性から心ないことを言われ、それがトラウマになった。
  • 人から言われたわけではないが、自分のペニスが小さいまたは早漏だ、などの漠然とした心配があり、いざセックスをする時に、緊張してしまったり、女性をがっかりさせるのではないかなど、心配が先立ってしまう。
  • 仕事でうまくいかないことがあり、それが気になってしまって、女性と会っているときはベッドインした時も、それが頭から離れず精神的に落ち着かない。
  • 普段意味もなく夜更かししてしまい、あまり寝ていないため、常に睡眠不足となってしまい、いつも疲れていて、物事に対してやる気が起こらない。

このような心理的なストレスの中にも、改善が比較的容易なものもあれば、以前のトラウマなど、結構精神的に深いところに原因がある場合は、簡単には改善できない場合もあります。

EDの原因②:加齢によるもの

実際は、年齢によるものと心理的によるもの、生活習慣病によるものが複合的に絡み合っている状態が多いです

一般的に40歳も半ばになってくると、男性更年期障害によって、男性ホルモンであるテストステロンが低下し、体のバランスが崩れたりしていきます。

テストステロンの減少の原因はストレスもあります

また、年齢とともに、仕事でも中間管理職となり、仕事でのプレッシャーやストレスからEDになりやすい、という状況もあります。

仕事のプレッシャーから心理的なストレスが溜まり、それを解消するためにたばこを吸いまくったりお酒を飲んだり、暴飲暴食をしてしまう。

そうでなくても仕事である程度の責任を持つと、接待などで食生活が偏り生活習慣病にもなりやすいといえるでしょう。

EDの原因③:生活習慣病(メタボ)

メタボリックシンドローム(メタボ)といった方がわかりやすいと思います。

先ほどの加齢で説明した内容と重なってきますが、

食生活や喫煙、過度な飲食が生活習慣病につながることは以前から指摘されており、これは健康の面からも、気をつけていかなければならないものです。

ED対策ではないとしても、健康で長生きをするためには生活習慣病は気をつけなければいけませんよね。

生活習慣病から引き起こされやすい糖尿病や高血圧、脂質異常症など、いずれも血管に障害が起こる症状を伴います。

こうなると、性的刺激があってもペニスに血液が流れ混みにくくなり、十分に硬さを保つことができずに中折れをしてしまったり、EDの原因となってしまう、というわけです。

セフレとの楽しいセックスライフを送るためのED対策4つ

それでは、どうしたら中折れや勃起障害(ED)を防ぐことができるのでしょうか。

EDを防ぐ方法は何も難しいことをする必要はありません。

EDを防ぐ方法はいくつかありますが、なんといっても健康的な生活を心がける、ということに尽きるのです。

  1. しっかり睡眠をとる
  2. 食生活を改める
  3. 禁煙する、飲みすぎない
  4. 運動の不足を解消する

ED対策①:しっかり睡眠をとる

とにかく、しっかり休みましょう。

中田師匠
中田師匠
夜遅くまでAV見てオナニーしないように!遅くまでスマホでゲームなどしない!
弟子
弟子
あれ、ばれました。笑

中間管理職となると仕事でのストレスもあるかとは思いますが、とにかく出来るだけしっかり体を休めて、メリハリをつけて仕事に取り組んでいきましょう。

いつも疲れていては、それこそ性欲も減退してしまいますし、疲労がたまっていると男性ホルモンであるテストステロンも減少してしまいます。

ED対策②:食生活を改める

すでに結婚している場合は、奥さんが食事を作ってくれたりするかと思いますが、外食が多い場合は気を付けましょう。

仕事で責任が大きくなってくると接待での会食が多くなったり、ストレスがたまると暴飲暴食してしまいがちですが、要注意です。

魚を食べる、炭水化物やコレステロール、脂質ばかり取らない、こういったことを気をつけるだけでも改善されていきます。

独身の方は、野菜ジュースなどを飲んだり、サプリなども利用しながら、しっかり栄養素を補っていくのもよいと思います。

自分にもできそうなところから健康を維持していきましょう。

ED対策③:禁煙する、飲みすぎない

②の食生活にも関係するかとは思いますが、禁煙の場合も、仕事でのストレスをタバコで解消しようとする人も少なくありません。

タバコ以外のストレス解消法(筋トレなど)を習慣づけれるようにしましょう。

中田師匠
中田師匠
筋トレなんかいいぞ!
弟子
弟子
わお!師匠が筋トレですか!?

筋トレは本当におススメです。

筋トレはすべてのソリューションともいわれるくらいなので、バカにはできません。

ストレスも解消できて、カラダも鍛えることができたら外見も変わるので、女性からもモテます。

また、男性はどうしても、仕事で飲みにいったりということが多いかとは思いますが、飲み過ぎないように気をつけましょう。

【ED対策】勃起力を高める筋トレをしてテストステロンを出しまくろう:大腿四頭筋こちらの記事で、勃起障害(ED)の原因と対策を書きましたが、対策の中の一つ「運動不足を解消する」について、誰でもできる簡単な「筋トレ」を...
【ED対策】勃起力を高める筋トレをしてテストステロンを出しまくろう:僧帽筋勃起障害(ED)の原因と対策として取り上げた中の一つ、「運動不足を解消する」ですが、前回の記事では、「誰でもできる簡単な『筋トレ』」をご...

ED対策④:運動不足を解消する

普段からよく歩く、ジョギングや筋トレするなどすると、体も引き締まりモテます。

また、筋トレをすることにより、心理的にも強くなる、という傾向もあるようです。

中田師匠
中田師匠
ED対策、という後ろ向きな運動ではなく、心身の健康、そしてなによりもカッコいいオヤジ、目指して筋トレにも挑戦してみたら続きますよ!

運動をすることで心身ともに健康的になり、女性からもモテるようになったら最高ですよね。

ぜひ、EDなんか吹き飛ばして、楽しいセックスライフを送りましょう!

出会い系サイトで婚活?出会える出会い系サイトを攻略して最高のセックスをしよう!管理人の私がよく利用していて、また多くのセフレを見つけることができ、私の悪友も利用している老舗優良出会い系サイト・アプリが、ハッピーメー...
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
ハッピーメールバナー